淡海乃海ー現世を生き抜くことが業なればー

@新宿村LIVE

あらすじ

淡海乃海ーあふみのうみー 。現代での名前は「琵琶湖」。
一五五〇年。足利将軍家が三好家に追放され、室町幕府の崩壊が始まった歴史的な年。
近江にある小領地・朽木にわずか二歳にして当主へ就任した少年がいた。
その名は朽木基綱【竹若丸】。実は歴史好きな現代日本人の生まれ変わり。
歴史好きのサラリーマンだった「俺」は、幼い少年としての顔と、策略家の顔、ふたつの顔を持つ朽木家当主【竹若丸】として、
歴史の知識と、現代人としての頭脳を使って、戦国の世を生き抜いてゆく。
2歳で家督を継いだ「俺」を待っていたのは


――近隣の小国主たちとの諍い。
――政治から追いやられ不満を貯めている若き将軍足利義藤への対応、
――近隣の有力な武家との政治のかけひき。
――そして、貧しさ。


朽木の周りには、南近江に大きな勢力を持つ六角家の当主、六角義賢、その後継ぎである若殿、六角義治、そして北近江の家である浅井久政、浅井新九郎賢政らがそれぞれ独自の勢力をもっている。
自らの命を、大切な国を守るため、幼き当主は頭脳で戦う!
「生き抜いてやる。俺のサラリーマン経験と、歴史を知るこの頭脳でな!」

キャスト

※掲載の順序に特別な意味はございません

スタッフ

プロデューサー
  • 神田明子

原作
  • イスラーフィール

企画協力
  • 株式会社マルコット

主催
  • TOブックス